カードローン 審査 用途 目的

お金の利用目的や用途はカードローンの審査に影響を与えるのか?

カードローンの申し込み時には必ずお金の使い道を聞かれるものです。しっかりと返済をすれば問題無いように思えますが、果たして影響を与えるのでしょうか?

 

結論から言うと、回答次第によってはマイナスイメージを与えることもありますので注意しましょう。となります。

 

消費者金融や銀行は確実に返済出来る相手で無ければ融資をしません。「このような使い方をする相手にお金を貸してしまったら、返済してもらえないのではないか?」と思われてしまったら、いくら収入があっても融資は難しいでしょう。
それでは、具体的にどういった回答が理想的なのでしょうか? プラスの場合とマイナスの場合を以下に具体的に解説していきます。

 

プラスイメージになる用途

少しでも有利に審査を進めたいのであればプラスイメージを与えたいもの。中でもスキルアップのためですと好印象を与えます。例えば「資格取得のためにスクールへ通いたいので、学費として使いたい」といった回答です。資格取得をすることで収入アップも見込めるため、返済の延滞を防ぐことも出来ます。
そのほかに冠婚葬祭も理由としては有効です。「遠方に住む古い友人の結婚式に招待された」などは誰にも起こり得るイベントでしょう。また、車のトラブルも仕方のないことですのでマイナスにはなりません。

 

マイナスイメージになる用途

逆にマイナスイメージになるのはどういった用途でしょうか。最も悪いのはギャンブルでしょう。どう考えても勝てるものではありませんし、間違い無くルーズなイメージを与えてしまいます。誰もがこういった相手に貸したいとは思いません。
そのほかに悪いのは他社への返済でしょう。これは典型的な自転車操業ですので、無事に返済されるとは思えません。このような状態になりますと借金が膨れ上がり、自己破産までは時間の問題でしょう。
また、意外かも知れませんが、引っ越し費用もマイナスとなってしまうのです。これは消息不明になる可能性を秘めていますので、返済されなくなる危険性があります。引っ越しと同時に仕事を辞める可能性もあります。

 

好印象を与える回答を

先ほどの内容をまとめると以下のようになります。

プラスイメージの用途 マイナスイメージの用途

スキルアップ

ギャンブル

冠婚葬祭

他社への返済

車トラブル費用

引っ越し費用

それぞれの内容をしっかりと把握した上で、利用目的や用途を聞かれた場合は、プラスイメージのほうを極力答えるようにしましょう。間違ってもマイナスイメージの用途を言わないように注意してくださいね。