銀行カードローン 総量規制

お金を借りるときに重要な総量規制について

貸金業法という法律があり、この法律が2010年に改正されました。それによって総量規制が設けられました。この規制は消費者の保護のために出来た規制であり、貸金業からお金を借りたは良いものの、返済をすることが出来ずに債務整理に陥る人がたくさんおります。そうした人を少しでも減らすための規制であります。この規制によって現在は年収の1/3を超える融資を受けることは出来なくなっております。ただ、この規制によって必ずしも良いとも言えず、総量規制のおかげで十分なお金を借りることが出来ないという場合も考えられます。

 

もし、そうした場合は銀行カードローンであれば総量規制の対象とはなりませんので、銀行が融資を認めてくれれば借りる事が出来ます。もっとも、総量規制は住宅ローンや自動車ローン、高額の医療費などは除外貸付といい、規制の対象としては含まれません。また、個人事業者への貸付けやローンの借り換えは例外貸付と言い、総量規制の対象の額に含まれますが、年収の1/3を超える融資も受ける事が出来ます。