住信SBIネット銀行 MR.カードローン 審査

住信SBIネット銀行 MR.カードローンの特徴
  • 最短即日借入可能!※当口座をお持ちの場合
  • 最短60分仮審査可能!
  • 借換え・おまとめもOK!
ご利用限度額 金利 来店・保証人 評価
最高1200万円 年0.99%〜14.79% 不要 評価5
在籍確認 土日祝借入 専業主婦 家族バレ
あり OK NG 心配なく利用可能

 

メリット・デメリットについて


ここでは、住信SBIネット銀行MR.カードローンの主なメリットとデメリットをお伝え致します。

住信SBIネット銀行MR.カードローンのメリット

SBIの口座があると金利優遇制度があります

SBI証券または住信SBIネット銀行の住宅ローンに残高があると、基本金利より0.5%金利が更に引き下げられます。
(SBIカードを保有した上で住信SBIネット銀行を引落口座にしていると引き下げ率は0.1%)

銀行カードローンの中でも金利が低い

銀行カードローンの中でも実質年率0.99%〜7.99%と(プレミアムコースの場合)かなり低いものとなっています。
特に上限は他社に比べても格段に低く提示されています。

借入時のATM手数料が無料

利用限度額の範囲内であればいつでも借入、返済ができます。その際の利用手数料は、いつでも何度でも0円なので気軽に利用できます。
(※イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンなどの提携ATMで利用可能)

 

住信SBIネット銀行MR.カードローンのデメリット

受け付けはWEBによる申込みのみ

自動契約機、電話、有人店舗といった受付方法がありません。

審査が厳しめ

低金利が魅力なカードローンですが、審査基準がなかなか厳しく誰でも手軽に借りられるものではありません。
他社での借入分がすでにあれど可能ではありますが、収入や属性に対して多すぎる場合は断られやすくなります。
勤続年数が短めや正規雇用でない人の場合は、借入審査が難しくなります。

返済方法が選べない

毎月決められた返済日に返済しなければならないので、任意で決めることはできません。
返済方法も様々な方法が選択できれば良いのですが、現時点では自動引落しのみとなります。
(追加返済のみ、ネットとATMからの返済ができます)

8項目の簡易チェック!


一般的にカードローンにおいて気になる8項目のポイントを簡単にチェックしましょう!
住信SBIネット銀行MRカードローンの場合は以下の通りです!

融資のスピードは?  ◎ 住信SBIネット銀行の口座があれば最短で当日・即日融資!
土日祝の利用は可能? ○  有料となるものの土日祝でもATMでの借り入れOK!
審査は厳しい?甘い? △ 正規雇用でなくとも借入はできるが審査はやや厳しめ。
電話での在籍確認は? △ あります。個人名でかかってきますが避けられません。
家族にバレずに借り入れOK? ◎ 家族バレの可能性は低い(キャッシュカードと一体の為)
専業主婦でも借り入れOK? ×  安定した収入が無ければNGなので借りられません。
学生でも借り入れOK? × 学生はNGです。年金受給者も働いていなければNG。
10代でも借り入れOK? × 満20歳〜65歳までが申し込み対象の為、借りられません。

 

申込方法について

※カードローンの申し込みの際に口座開設も同時に必要となります※

【郵送での口座開設】

以下、1〜2のうち、いずれかをご提出ください。
1. 本人確認書類のうちいずれかの(コピーを)1点+公共料金の領収書や請求書(3ヵ月以内の原本)を1点
2. 本人確認書類のうち原本をいずれか1点

 

【オンライン口座開設】

キャッシュカードまたは認証番号カードを受取りする際に、以下のうち(原本)1点が必要となります。
・運転免許証および運転経歴証明書
・ 旅券(パスポート)
・ 在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書
・ 住民基本台帳カード(写真ありのもの)
・ 官公庁が発行した身分証明書で写真付のもの
・ 公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

審査について


ここでは住信SBIネット銀行MR.カードローンにおいての審査について書いておきたいと思います。お金を借りる場合、まず何よりも先に「カードローンの審査」を受ける必要があります。ここでは審査までのステップと、審査に関するコツなどをお伝えします。

必要書類について

審査の際には必ず「本人確認書類」が必要です。住信SBIネット銀行の審査においては以下のものが本人確認書類の扱いとなります。

  • 運転免許証(コピー)※有効期限内
  • ・ 裏面が記載ありのものは、裏もコピー
    ・公安委員会名称、公安印、有効期限も確認できるよう鮮明に
    ・ 「本籍(住所欄が「同上」の場合は除く)」「免許の条件等」「臓器提供意思確認欄」のみ塗りつぶし
    ※「本籍欄」「免許の条件等」「臓器提供意思確認欄」以外の項目(免許証番号、顔写真など)は塗りつぶさずに
    ・ 穴のあいている運転免許証は不可

     

  • 住民票(写し)・住民票記載事項証明書(原本)※発行日から3ヵ月以内
  • ・ 複数のページがある場合は、全ページ提出
    ・ 「マイナンバー」「本籍地」家族などの情報(氏名、生年月日等)は、該当箇所を塗りつぶし

     

  • 住民基本台帳カード(写真付き)(コピー)※有効期限内
  • ・ 氏名、住所、及び生年月日の記載があるものに限る
    ・ 顔写真がないタイプは受付不可
    ・ 裏面に記載がある場合は、裏面もコピー

     

  • 在留カード・特別永住者証明書(コピー)※有効期限内
  • ・ 裏面に記載がある場合は、裏面もコピー

     

  • 印鑑登録証明書(原本)※発行日から3ヵ月以内
  •  

  • 各種健康保険証(コピー)※現在有効なもの※以下は健康保険証に準じます。
  • 共済組合員証
  • 私立学校教職員共済制度加入証
  • 医療受給者証

・ 裏面に記載がある場合は、裏面もコピー
・ 自身の名前から交付日まで全て確認できるように
・ 被扶養者の場合は、本人の名前の記載がある部分もコピーする
・ 住所が手書きであれば、原本に記載した上でコピーする
※コピーされたものの上へ直接記入したものは不可
・ 通院歴や家族の情報は、該当箇所を塗りつぶす

 

 

審査に通りやすくするためのポイント

公式サイトにも指定されている条件として、

  • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下である
  • 安定継続した収入がある
  • 外国籍の場合、永住者である
  • 保証会社の保証を受けられる
  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有済み(同時申込可)

という点が挙げられています。申し込みを考えているのなら、最低限クリアしておきたいところです。

仮審査から本審査について

【申込時希望額】と仮審査終了で通知される【仮審査承認額】によりその後の手続きが変わってきます。

 

仮審査承認額収入確認書類の要否
・申込時希望額が300万円以下で承認額がそれを超える場合 ※利用限度額の希望確認として申込時に登録した携帯番号に電話があります

※300万円超を希望の場合は収入確認書類が必要
※連絡がとれない場合は申込時希望額で本審査が進みます

・申込時希望額が300万円超で承認額が300万円以下の場合 【不要】※仮審査承認額で本審査となります
・申込時希望額が300万円超で承認額がそれを超える場合 【必要】※書類の提出がない場合は300万円として本審査が進みます
・申込時希望額が300万円以下で承認額がそのままの場合 【不要】
収入確認書類の種類

収入確認書類は以下のいずれかの写しを最新のものかつ提出期限までに到着するよう送付してください。

 

給与所得者の場合
1. 源泉徴収票
2. 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
3. 確定申告書
[税務署への持参又は郵送により提出した場合]税務署の受付印のあるもの
[e-Tax(電子申告)を利用して提出した場合]申告書の写しおよび受信通知
4. 給与明細直近1ヵ月分(勤続年数が1年未満で1〜3が取得できないとき)
個人事業主および法人代表者の場合
1. 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)ただし納税証明書のときはその1〜3すべてとする
2. 確定申告書(付表付)
[税務署へ郵送もしくは持参にて提出した場合]税務署の受付印があるもの
[e-Taxにて提出の場合]確定申告書の写しおよび受信通知

 

書類提出方法
本審査の必要確認書類はPC・スマートフォン・携帯電話からもしくは郵送にて提出

 

【申込みの流れ】
Web申込 【Web上で属性情報(勤続年数・年齢・収入など)信用情報(他社借入金額・件数など)を求められます】→ 仮審査 → メール連絡 → (借入希望額が100万円以上の場合)収入確認書類の提出 → 本審査 → 口座開設
※店舗や自動契約機、電話や郵送といった申し込み方法は無く、インターネットのみでの申し込み受付となります。

金利について


ここでは、住信SBIネット銀行カードローンの金利について詳しく解説しています。借り入れ額による金利は以下の通りです。
限度額に応じて決められており、限度額が大きくなるほどに下がります。

【各コースについて】
申し込みをするとSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(保証会社)にて審査され、審査結果によってプレミアムもしくはスタンダードコースが適応されます。
※個人の意思で選択することはできません

 

【プレミアムコース】

利用限度額 基準金利 所定の条件を満たした際の適用金利(※)
10万円以上〜100万円以下 年7.99% 年7.39%〜7.89%
100万円超〜200万円以下 年6.39%〜6.99% 年5.79%〜6.89%
200万円超〜300万円以下 年5.29%〜5.99% 年4.69%〜5.89%
300万円超〜500万円以下 年4.99 % 年4.39 %〜4.89%
500万円超〜700万円以下 年3.99 % 年3.39 %〜3.89%
700万円超〜900万円以下 年2.99 % 年2.39 %〜2.89%
900万円超〜1,000万円以下 年2.49 % 年1.89 %〜2.39%

【スタンダードコース】

利用限度額  基準金利 所定の条件を満たした際の適用金利(※)
10万円以上〜100万円以下 年14.79% 年14.19%〜14.69%
100万円超〜200万円以下 年11.99% 年11.39%〜11.89%
200万円超〜300万円以下 年8.99% 年8.39%〜8.89%

(どちらのコースも2016年9月1日現在の適用金利)

 

【所定の条件について】
(1)SBI証券口座保有登録済である【基準金利より年-0.5%
(2)該当住宅ローン(※1)残高がある
(3)SBIカードを保有しSBIの口座をを引落口座に設定している【基準金利より年-0.1%

 

(1)(2)どちらかを満たす場合、通常金利より年−0.5%(3)のみを満たす場合、通常金利より年−0.1%
(1)(2)両方を満たす場合でも、年率−0.5%となりますが(1)(3)もしくは(2)(3)とも満たす場合は、年率−0.6%となります。
(※1)三井住友信託銀行の商品である『ネット専用住宅ローン』を含みますが『フラット35』は含まれません。またオリックス・クレジット株式会社、SBIイコール・クレジット株式会社および株式会社ジェーシービーが保証するカードローンご契約の方は適用対象外となります。

金利に関する良ポイント

消費者金融の金利は18%、銀行カードローンの金利は14%〜15%が一般的な中、上限金利としては比較的低い方となります。他行と比較しても約5%近く上限が低いという事は、例として100万円借りた場合に年間5万円もの利息差となり、かなり驚異的な低さだという事が伺えます。一般的に借入額が少ないほど金利は高くなるというものですが、上限金利は適用範囲が広く、100万円までは同じ金利となります。他行と比較すると利用が少額であっても低い金利で借りられるということが分かります。

 

借入について

借入方法

住信SBIネット銀行カードローンを借入する方法は、WEBサイト(モバイル)上での指示→ATM引出しもしくはATMから直接引出しの2種類となります。

WEBサイトからの借入 WEBページにログインし、「カードローン借入」画面から手続きをします。該当口座内の預金から借入額を振替できます。
モバイルサイトからの借入 モバイル端末からWEBサイトへログインし、「カードローン > お借入」画面へ行き、手続きをします。代該当口座内の預金から借入額を振替できます。
ATMからの直接引き出しによる借入 ATMの画面上より「カードローン」項目を選択すると画面が変わります。「お借入れ」項目を選択し、手続きをします。利用可能ATMは▼利用できる提携ATMについて▼にて記載しています。※キャッシュカードを持っていない方はATMでの借入はできません。引出限度額は、カードローンの借入額が含まれた金額となります。

手数料について

ATM手数料は無料!

セブン銀行はいつでも無料、ローソン・イーネットなどのATMでは毎月5回まで無料(6回目からは1回108円)となります。
手数料がかからないとなると思い立ったときに借りやすく、利用しやすいですね♪

他行への振込み手数料は【毎月3回無料】!

なので、SBIの口座から他行の口座へ借りたお金の移動も気兼ねなく可能です。

返済について


返済方法・方式については以下の通りです。

返済方式

住信SBIネット銀行カードローンの返済方式は残高スライドリボルビング方式を採用しており、指定の約定返済日に以下に記載された金額を代表口座より自動引落します。前月末の借入残高に応じて返済金額は予め決まっており、残高が減るごとに返済額も同様に少なくなります。返済方法に関しては以下の種類があります。

約定返済

2通りあり、ATMに現金を入金して返済する方法と、銀行口座からの引落が利用できます。

銀行口座からの引き落としによる返済

利用する際に同行に口座が無ければ利用できないので、必ず口座を保有しています。ここからの返済となり、約定返済に関しては該当口座からのみ自動引落されます。(繰り上げ返済の際も同様に、この口座から振り替えられることとなります)該当口座の残高が足りないと延滞扱いになってしまうので、期日までに必要額を必ず入金しておきましょう。

ATMでの返済

機械画面上の「お預入れ」項目から返済金額を入金すると、決められた約定返済日である毎月5日(休業の際は翌営業日)に自動引落されます。「カードローン」項目からの返済は約定返済とならないので注意してください。随時返済(一部返済)扱いとなり別途、返済が必要になります。

 

▼利用できる提携ATMについて▼
口座への入金、借入れ、現金の引出し、繰り上げ返済においてATMを利用することができます。
利用できる提携ATMは以下となります。
・セブン銀行
・イオン銀行
・イーネット
・ローソンATM

いずれのATMも設置数は各地に多いですが、他の金融機関との提携もあるとさらに利用しやすくなりますね。

 

約定返済のメリット
  • 毎月の返済額が一定なので分かりやすい
  • 残高が減るほどに月々の返済が楽になりやすい
  •  

    約定返済のデメリット
  • 基本的に決まった額なので返済期間が長くなる
  • 繰上返済を利用しないとその分、支払利息がふくらみやすい

繰り上げ返済(随時追加返済)

毎月の自動引き落としに加え、都合に合わせて追加で繰上げ返済することもできます。返済したい金額(1円以上1円単位)を指定する「金額指定返済」と、「全額返済」があります。
※随時返済は元金のみの返済となります。「金額指定返済」をした場合でも【毎月の約定返済】は必要です。

 

パソコンなどから住信SBIネット銀行にログインをし、「随時返済」の指示を出すと、自分の口座より指定した額が返済へと充てられます。(随時返済は提携のATMからも出来ますが、中でも全額返済に関してはパソコンやモバイルサイトのみの扱いとなります)

 

WEBからの返済 WEBページにログインし、「カードローン」>「随時返済(追加返済:入力)」画面から手続きをします。該当口座内の預金から返済額を振替できます。
モバイルサイトからの返済 モバイル端末からWEBサイトへログインし、「カードローン」>「随時返済(追加返済:入力)」画面へ行き、手続きをします。代該当口座内の預金から返済額を振替できます。
ATMからの返済 ATMの画面上より「カードローン」項目を選択すると画面が変わります。「ご返済」項目を選択し、手続きをします。利用可能ATMは約定返済で▼利用できる提携ATMについて▼に記載してあります。※キャッシュカードを持っていない方はATMでの返済はできません。
返済期日

毎月の返済期日は毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)と決まっています。個人で自由に設定することはできませんが、繰り上げ返済はいつでも利用できます。(※目的別口座やSBIハイブリッド預金の残高を利用する際、円普通預金残高が約定返済額に満たない場合であっても自動振替えされません。)約定返済に利用される際は、自身で返済日までに代表口座へ振替えてください。

 

【返済額一覧】

前月末時点の貸越残高 返済額
2,000円以下の場合 前月末時点の貸越残高
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 11,000円
80万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超300万円以下 25,000円
300万円超400万円以下 30,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超 80,000円
【どちらも非対応】インターネットバンキングによる返済

365日24時間ネット上での返済が可能なネット支払いシステムの「Pay-easy(ペイジー)」には対応していません。銀行系のカードローンは比較的利用できるところも多くありますが、住信SBIネット銀行では利用ができません。

約定返済方式の利点としては、「毎月の返済の負担が軽減される」ということですね。しかしながら、返済が長期化すると利息も膨れ上がっていくので返済総額も大きくなります。よってこれを防ぐには、「随時返済」も検討しましょう。随時返済とは、毎月の決まった額以上の返済額の入金が可能になることです。ボーナス時や臨時のお金が入った場合に、多く返済して早めに完済することを目指しましょう。

最短即日でお金を借りる方法


口座をすでに保有していれば申込み完了後、最短60分で仮審査の結果が返ってくるので審査の進み具合がスピーディーです。

※何もない時点からの即日融資はちょっと難しい※
住信SBIネット銀行の口座を保有していなければカードローンの申込に加え、口座開設も進める事となります。
申込後、仮審査までについては最短60分〜数時間ほどで返信がありますが、本審査が完了して融資開始となるにはそこから数日かかります。

家族にバレずに借りる方法


「お金を借りたいけど、家族には知られたくない!」という方、結構いらっしゃると思います。住信SBIネット銀行MR.カードローンはインターネットでの申し込みのみとなりますが、電話による本人確認は必ずあります。その際、

 

・申込時、連絡先として自宅の電話番号を記入せずに違う番号を指定
・担当者の個人名で電話があるのでバレにくい

 

以上の点を見ても家族バレはしにくいですし、
【自宅への利用明細の郵送も無い】ので比較的家族の目を気にせずに気軽に申し込みがしやすくなっていますのでおすすめです。

 

 

※さらに細かい内容は、公式サイトにおいてご確認いただければと思います。↓↓↓