カードローン マイカーローン 審査

カードローンはマイカーローンの審査にも影響を与えるのか?

 

自動車は一括で購入することも可能ですが、多くの方はローンを組んで購入するもの。もちろん、マイカーローンにも審査はありますが、カードローンを組んでいることで通りにくくなることはあるのでしょうか。

 

状況によってはマイカーローンの審査にも影響を与える

カードローンを組んでいる状態で自動車ローンを組もうとする方もいることでしょう。しかし、すでにローンがある時点でそれは難しいのでしょうか。

 

結論からいいますと、状況によっては、審査に影響の良し悪しが決まります。

 

では、どういった状況が良くないのでしょうか。

 

主に以下の3つの内容があると、マイカーローンの審査に影響を与えます。

 

@ 2社3社など複数からキャッシングをしている場合

複数の金融業者から、少額でも借りていると審査に不利になります。
もし複数の業者から借り入れがある場合は「おまとめローン」などで一本化をすることをおすすめします。
カードローンや消費者金融には一本化のプランが用意されており、返済専用のプランですので借り過ぎの心配がありません。
そのため、信用度がアップするのです。一本化した後に新たなローンの申し込みをしましょう。

 

A 年収の3分の1まで借りている場合

借入は年収の3分の1までという規制があります。(総量規制) この限度を超えて借入をしている場合は、審査に不利になってしまいます。

 

B 金融事故のあるが場合

最も起こりやすい金融事故は返済の延滞です。キャッシングの返済が遅れてしまうと信用情報に残されてしまうため、悪影響を与えてしまうのです。

 

そして、延滞以上に問題となる金融事故として任意整理や自己破産による債務整理です。
一度債務整理をしてしまうと5年から10年記録が残されてしまうため、その期間が過ぎるまでローンを組むことは出来ません。

 

また、クレジットカードや携帯電話の滞納をして強制解約をしていても問題があります。

 

一度、ご自身の過去を振り返り、金融事故がなかったかを確認することをおすすめします。

 

審査が通らない可能性がある場合

すでにローンがある時点でのマイカーローンの審査はこれはそれほど難しいことではありません。(先ほど記述した3つのポイントに当てはまっていなければ)
別に借り入れがあったとしても、ディーラーとしては車を買ってもらいたいと考えるため、ある程度の融通を利かせてもらえます。

 

その場合で審査が通らなかったのであれば、すでに組んでいるローンを少しでも返済をする、購入予定の車を安いものにする、などの対応を行いましょう。

 

また、銀行ローンの審査については、こちらのページでも解説していますので、ご参考ください。