三井住友銀行 カードローン 審査

三井住友銀行カードローンの審査など知らないと損する8つの情報

三井住友銀行カードローンの特徴
  • 最短即日融資可能!
  • 最短30分審査可能!
  • 300万円以下なら収入証明書不要!
  • 当口座が無くてもWEB申込可能!
  • おまとめ・借り換えもOK!
ご利用限度額 金利 来店 評価
契約極度額800万円 年4.0%〜14.5% 不要 評価5
在籍確認 土日祝振込 専業主婦 家族バレ
あり OK NG 書類直接受取なら安心

 

メリット・デメリットについて


ここでは、三井住友銀行カードローンの主なメリットとデメリットをお伝えします。

 

三井住友銀行カードローンのメリット

金利が低い

金利は「4.0〜14.5%」となっており、消費者金融の最高18%から比較すると、MAX14.5%の金利は低い設定ですね。

 

即日融資可能

最短即日でお金を借りる方法」でも詳しく説明していますが、
今すぐお金が借りたい場合でも、ある手順を踏むことで、即日融資も可能なので嬉しいですね。

 

手数料無料のATMが多い

一般的に消費者金融は、自社以外のATMを利用する際には108〜216円の手数料がかかりますが、
三井住友銀行のATMをはじめ、コンビニATM(セブン銀行・ローソンATM・ファミリーマートなどのイーネットATM)、ゆうちょATMでも、手数料無料で利用することが可能です。
しかも、時間外手数料も無料なのが有難いですね。

 

三井住友銀行カードローンのデメリット

振込キャッシングサービスがありません

指定口座に振り込み融資をしてもらえる振込キャッシングサービスは、残念ながらありません。

 

口座がないとサービスが限られる

三井住友銀行の口座がある場合は、以下のサービスが利用できますが、
・インターネットバンキング
・口座による返済
・ホームページ上での利用状況の確認
・自動融資(バックアップ)でのお借り入れ

 

口座がない場合は、全て利用ができません。

 

専業主婦の方は借り入れができない

銀行系カードローンは、収入が無い専業主婦の方でも配偶者に安定的な収入がある場合は、借入可能な銀行も多いのですが、
三井住友銀行カードローンに限っては、原則的には専業主婦の借入ができません。

8項目の簡易チェック!


一般的にカードローンにおいて気になる8項目のポイントを簡単にチェックしましょう!
三井住友銀行カードローンの場合は以下の通りです!

融資のスピードは? ◎ 最短30分審査!自動契約機の利用で即日融資も可能。
土日祝の利用は可能? ◎ 提携ATMなら土日祝も引き出し可能。
審査は厳しい?甘い? ○ 銀行カードローンと同じ。安定した収入があればOK
電話での在籍確認は? × 電話による在籍確認が必ずあります。(勤務先に)
家族にバレずに借り入れOK? ○ 契約書類を直接受け取れば家族バレの可能性は低い。
専業主婦でも借り入れOK? × 安定収入の無い専業主婦の方は借りられません。
学生でも借り入れOK? × 20歳以上で安定した収入がある方が条件があるので難しいです。
10代でも借り入れOK? × 満20歳以上満69歳以下の方が審査条件なので、NGです。

審査について


三井住友銀行カードローンにおいての審査について

 

お金を借りる場合、何よりも先に「カードローンの審査」を受ける必要があります。
ここでは、審査までのステップと、審査に関するコツなどをお伝えします。

 

必要書類について

審査に申し込む際には、最低限必要なものを準備します。
必ず必要なものは「本人確認書類」です。
以下のいずれか1つを準備しましょう。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

 

次に「収入証明書」です。
以下のいずれかを1つを準備しましょう。

  • 二ヶ月以内の新しい給与明細書
  • 所得証明書
  • 源泉徴収票

 

しかしながら、三井住友銀行カードローンの場合、
極度額が300万円以内の場合においては「収入証明書」は不要です。

 

審査においてのワンポイントアドバイス ※その1※

審査に通りやすいコツの1つとしては「少額から借りること」です。
三井住友銀行カードローンの場合は。極度額が800万円の設定ですが、まずは、数万円単位からの借り入れ申し込みが審査通過の近道です。
その場合ですと「収入証明書」は不要になるので手間も省けますね。

 

申込方法について

多彩な申込方法がありますが、やはりオススメなのは
PC・スマホなどのインターネットからの申込です。

 

その理由としては
「いつでもどこからでも申込が可能」
「本人確認書類もデータを送信するだけでOK」

といった、WEB完結できる手軽さが一番の理由ですね。
※郵送・窓口などはやはり手間と時間がかかります。

 

三井住友銀行の口座がある方は、インターネットバンキングから申込ができます。
口座がない場合は、PC・スマホから申込を進めましょう。
※即日融資をお考えの方は、こちらを先にお読みください。

 

申込後から、最短30分で審査結果が分かります。
審査結果は、申込時に入力した「電話番号」または「メールアドレス」に連絡がきます。

審査においてのワンポイントアドバイス ※その2※

審査結果には、タイムリミットがあります。
毎日9:00〜21:00までとなっているので、それまでに申し込みを済ませておきましょう。
この時間を過ぎると、審査結果は翌日以降となります。
※当日に借り入れしたい場合は、遅くとも20時までには申込をしましょう。

 

審査に通りやすくなるコツ

当サイトのこちらのページでも「審査が通るコツ」をお伝えしておりますが、簡単におさらいしますと、

@一定の収入があり
A年齢条件を満たしており
B他社からの借入が複数なく
C記入間違いをせずに
D限度額は控えめにして
E申し込みは1社だけにする

これらの6つのポイントを意識して申込を進めてみてください。

 

特に、
@の場合は「原則安定したご収入のある方」
Aの場合は「お申込時満20歳以上満69歳以下の方」
各々、三井住友銀行の公式サイトでも、申込出来る方の条件としてあるので、ここは最低限クリアしておきましょう。

 

その上で、B〜Eのポイントもクリアしていれば、審査に通りやすくなりますので、ぜひとも審査に通過してくださいね!

借入について


三井住友銀行カードローンを借入する方法は、以下の種類となります。

インターネット・モバイル・テレホンバンキング(以下、SMBCダイレクト)での借入

利用はSMBCダイレクトの契約者に限られます。「振込・振替」時の出金口座として使用できます。
※カードローン口座のみの契約をしている状態の方は利用できません。

ATMによる直接の借入 ローン専用カードもしくは普通預金キャッシュカード(一部取引できないATMもあり)を使いATM端末の画面内の案内に従って手続きを進めていけば、通常の預金を引き出す際とほぼ変わりない流れで借入できます。
※個別に契約手続きをされてる方のみ※

 自動融資(バックアップ)での借入

現在所持している口座を返済用と設定した際に、残高不足により各種自動支払いサービス
【クレジットカード利用(年会費含む)料金・公共料金・その他】の引落しが利用不可になると、不足分の金額をカードローン口座から自動で融資をします(バックアップ)。
※自動融資の利用は、三井住友銀行本支店の窓口または、ローン契約機での契約手続きが必要となります。
※ただし、自動融資の対象外となる条件もあるので詳しくは公式情報を参照ください。
※ジェイデビット及び国際キャッシュカード利用の際、返済口座が残高不足となると自動融資されません。
※自動融資の対象となる口座振替などを行う時間のタイミングは全て三井住友銀行側の任意となります。

 

ATMによってはカードローンの利用に関して制限があるところもあります。
【各カードにて利用できるATM対応一覧】

各ATM ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょATM ×
提携金融機関ATM ×

※提携金融機関ATMでの利用については所定の利用・時間外手数料が発生します。
※一部においては取引が利用できない場合もあるので、詳しくは各利用先まで問い合わせください。
※イーネット・ローソン・セブン銀行ATM以外のATMが設置されているコンビニではサービス内容が異なる場合があるので
注意が必要です。
※以下のATM・CD機ではカードローンの利用はできません。
大分支店立命館アジア太平洋大学共同出張所のCD機

 

手数料について

ATM利用手数料(時間外も含む)は「無料」!
他行への振込み手数料は有料となります

 

以下に各ATMの手数料有無に関する一覧表を掲載しますので、参考にしていただければと思います。

三井住友銀行ATM

全国の三井住友銀行ATMにて【手数料無料】で借入、返済の利用ができます。

利用可能なサービス ATM利用手数料 ATM時間外利用手数料
借入、返済、残高照会 無料 無料

ゆうちょ・各コンビニエンスストア・その他のATM

※営業時間(利用可能時間)は各設置場所により異なります。
※コンビニエンスストアによってはイーネット・ローソン・セブン銀行以外のATMが設置されてあります。
その際にはここに記載している内容とは異なりますので、注意が必要となります。

E-net(イーネット)ATM
利用可能なコンビニ、店舗 利用可能なサービス ATM利用手数料 ATM時間外利用手数料
ファミリマート、ミニストップ、サークルKサンクス、生活彩家、デイリーストア、フリーエフ、セーブオン、コミュニティーストア、ポプラ 借入、返済、残高照会 無料 無料
ローソンATM
利用可能なサービス ATM利用手数料 ATM時間外利用手数料
借入、返済、残高照会 無料 無料
セブン銀行ATM
利用可能なコンビニ、店舗 利用可能なサービス ATM利用手数料 ATM時間外利用手数料
セブン銀行、イトーヨーカドー、デニーズ 借入、返済、残高照会 無料 無料
ゆうちょ銀行ATM
利用可能なサービス ATM利用手数料 ATM時間外利用手数料
【ローン専用カードでの】借入、返済、残高照会 無料 無料
各提携金融機関のATM
利用可能なサービス ATM利用手数料 ATM時間外利用手数料
【ローン専用カードでの】借入、返済、残高照会 有料 有料

金利・返済について


ここでは、三井住友銀行カードローンの金利・返済について詳しく解説しています。

 

借り入れ額による金利は以下の通りです。

ご契約極度額 お借入利率
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

 

当サイトにおいても推奨している「D限度額は控えめにして ※審査に通るコツより」を考慮し
10万〜100万円以下の借り入れと想定すると、年利12.0%〜14.5%となりますね。

 

10万円借り入れした場合の、金利の違い

金融業者 金利(年利)
三井住友銀行カードローン 12.0%〜14.5%
プロミス 17.8%

 

借入額が大きくなればなるほど、金利は安くなっていきますが、(700万円借り入れすると、金利は4.0〜4.5%)
初めての借入の場合は、借入額を少なくしてまずは信用を作っていくことを優先しましょう。

 

 

返済方法・返済方式については以下の通りです。

 

返済方法
返済期日 毎月5日、15日、25日、月末
提携ATM 三井住友銀行本支店ATM、イーネットATM(ファミマ)、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATM
ATM手数料 無料
その他返済方法 口座引落、振り込み
どの返済方法が良い?
  • 三井住友銀行の口座を持っていない場合は、大手コンビニATMを中心とした、ATMからの返済なら手数料無料なので、最もおすすめです。
  • 三井住友銀行の口座を持っている場合は、インターネットバンキングの利用も可能ですのでそちらを利用すると便利ですね。
  • 銀行振込の場合は、唯一手数料が取られるので、手軽さもないですし、あまりおすすめしません。

 

 

返済方式

三井住友銀行カードローンの返済方式は「残高スライド元利定額」です。
これは、借入残高によって毎月の返済額が変動するタイプの返済方式です。

(例)借入残高が200万円の場合、毎月の返済額は25,000円となります。
   200万円の残高が50万円以下になると、毎月10,000円の返済となります。

借入残高 返済額
50万円以下 10,000円
50万円超 100万円以下 15,000円
100万円超 150万円以下 20,000円
150万円超 200万円以下 25,000円
200万円超 250万円以下 30,000円
250万円超 300万円以下 35,000円
300万円超 350万円以下 40,000円
350万円超 400万円以下 45,000円
400万円超 450万円以下 50,000円
450万円超 500万円以下 55,000円
500万円超 600万円以下 60,000円
600万円超 700万円以下 65,000円
700万円超 800万円以下 70,000円

 

このタイプの返済方式の利点としては、「毎月の返済の負担が軽減される」ということですね。
しかしながら、返済が長期化すると利息も膨れ上がっていくので返済総額も大きくなります。

 

よってこれを防ぐには、「臨時返済」も検討しましょう。
臨時返済とは、毎月の決まった返済額以上の入金が可能になることです。
ボーナス時や臨時のお金が入った場合に、多く返済して早めに完済することを目指しましょう。

 

 

三井住友銀行カードローンで最短即日でお金を借りる方法は、ズバリコレ↓↓

最短即日でお金を借りる方法

 

「インターネット申込 ⇒ ローン契約機で手続き ⇒ 即日出金」

 

三井住友銀行カードローンにおいては、この手順を踏むことで、最短即日でお金を借りることが可能です!

 

以下の5つのSTEPの流れで、早ければ「60分」で申込からお金が手元にある状態にできます。

STEP@ インターネットから申込
STEPA 最短30分で審査通過
STEPB ローン契約機にて手続き
STEPC ローンカードの発行
STEPD 提携ATMにて現金の引き出し

※申込後、審査が通過して最寄りのローン契約機にて手続きをし発行されたカードを使ってATMにて現金を引き出す。 ←この流れを60分で実施可能!(審査がスムーズに通過すれば)

 

即日で借りるために重要な2つのポイント

最低遅くとも20時までには申込を完了させましょう!

審査時間は午前9時から午後9時(21時)までとなっているので、締切時間の1時間前の20時ぐらいまでには、申込を済ませましょう。

※お得情報※
知らない人も多いのですが、実は「プロミスの無人契約機」においても、カード発行が可能です!
その場合は、カード発行が22時まで可能です!
よって、営業時間が21時の銀行でカード発行が間に合わなかった場合は、最寄りのプロミスの無人契約機を探しましょう!
(但し、審査時間は21時までですので、お間違え無く!)

「郵送でのカード受け取り」はNGです!

インターネットからの申込時に、カード受け取り方法を選べますが、この時に必ず「ローン契約機での受け取り」を選んでください。
間違って「郵送での受け取り」を選ぶと、当日の現金受け取りは不可になりますし
さらには、カード到着まで数日待つことになりますので、注意してくださいね。

 

 

いかがでしょうか? 最短即日でお金を借りる方法のポイントとしては、

 

「ローン契約機」を利用することです。

 

もちろん直接、ローン契約機にて手続きすることもできますが、事前にネットから申込を済ませておくほうが審査の可否も分かりますし、書類忘れなども未然に防げますし、手続きがとてもスムーズです。

 

ぜひとも、以下の5つのステップ+2つのポイントで、必要な現金を手にしてくださいね!

〜最短即日でお金を借りる方法のおさらい〜
STEP@ インターネットから申込
STEPA 最短30分で審査通過
STEPB ローン契約機にて手続き
STEPC ローンカードの発行
STEPD 提携ATMにて現金の引き出し

 

@最低遅くとも20時までには申込を完了させましょう!
A「郵送でのカード受け取り」はNGです!

家族にバレずに借りる方法


お金を借りる場合に「家族にバレたくない」といった事情を抱えている方もいらっしゃいますよね。

 

三井住友銀行のカードローンにおいて「家族にバレないようにする」方法としては、
「三井住友銀行の口座を作り、ローン契約機で手続きをする」です。(三井住友銀行の口座が無い場合)

 

三井住友銀行の口座がある場合は、インターネットバンキング「SMBCダイレクト」から申し込みをして、ローン契約機にて手続きを済ませましょう。

 

 

なぜ口座を作る必要があるのか?

 

簡潔に言いますと、「インターネットバンキング」が利用できるようになるからです。

 

インターネットバンキングを利用できれば、WEB上で振込や返済が可能になり、利用状況もすぐに確認できます。
さらに新たにカードも作る必要もないので(すでに口座をお持ちの場合)、家族などの他人にバレにくくなります。(利用した証拠が残りにくくなる)

 

注意すべきポイントとしては、「ローン契約機」にて手続きをすることです。
なぜなら、契約書類をその場で受け取れるので、後日自宅等に届かなくなります。(家族にバレにくい)

 

いかがでしたでしょうか??
以上が、三井住友銀行カードローンにおける、知っておかないと損をする6つの情報です。

 

全てをご紹介したわけではありませんが、最低限知っておくべき内容を簡潔に分かりやすくまとめました。
今回知り得た情報を元に、審査にスムーズに通過し、借入もスムーズに行っていただき、早めの返済を行って、お金が足りない悩みを解消されてくださいね。

 

※さらに細かい内容は、公式サイトにおいてご確認いただければと思います。↓↓↓