カードローン 金利

銀行カードローンの金利について

銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンです。総量規制とは、個人の借り入れ総額が年収の3分の1に制限されるもので、貸金業法での規制です。しかし、銀行は銀行法に基づいて経営されているので貸金業法の規制を受けることがないので総量規制対象外ということなのです。銀行カードローンの特徴は、消費者金融などと比較すると金利が安く設定されていることです。年利の金利でも消費者金融等と比較しても4%以上違う場合もあります。

 

また利用限度額が高いことも特徴です。比較的借りやすいとされている消費者金融は限度額が10万円?300万円前後が一般的ですが、銀行カードローンの場合は最大で1000万円までの限度額となっているものもあります。審査が厳しいと言われますが、実際にそのようなことはなく一般的な消費者金融の審査とほぼかわりはありません。最近では即日融資が受けられるものが増えてきましたが、場合によっては審査にかかる時間が長いことがあるので借り入れを検討している人は注意が必要です。