銀行 カードローン 審査

カードローンの審査が通るコツ!

おすすめの銀行カードローンはこちら ※最短30分審査&即日融資可

カードローンの審査が通るコツを教えます!!

まず、一般的に審査が通る為に必要とされるポイントが3つあります。

一定の収入があること
年齢条件を満たしていること ※20歳以上66歳未満
他社からの借入が複数ないこと

これらの条件は、一般的によく言われている条件ですよね。
審査に通る為に最低限必要な条件ともいえます。
よって、まずは最低限これらの条件はクリアしておきましょう。


これらをふまえた上で、より確実に審査に通るために必要な条件を3つお教えします!
あまり知られていないことでもあり、審査に通るためのコツとも言えます。

審査に通る為に必要な3つのコツ

1、記入間違いをしないこと
2、限度額は控えめにする
3、申し込みは1社だけにする
記入間違いをしないこと
意外に落とし穴としてひっかかるのがこの「記入間違い」や「記入漏れ」です。
意図的にしてなかったとしても、金融業者側からすると「嘘の情報」と判断されることもあるからです。
最近多くなっているスマホからの申込みの場合は、入力間違いが多発しやすいので、特に注意が必要です。
限度額は控えめにする
大きな金額を借りたい場合もあると思いますが、初めて借りる金融業者の場合は、何よりも「信頼関係」を築くことが優先です。
よって、まずは限度額を控えめで申し込むほうが、業者側も前向きな姿勢になりやすいので、審査が通りやすくなる傾向があります。
申し込みは1社だけにする
ネットなどの他のWEBサイトでは、これと間逆のことを謳っている場合があります。(複数のところから申込みをしましょう。etc)
あれは、多くの金融機関へ申込みがあると、それだけ多くのマージンが得られる場合があるからです。

実際には、同期間に複数の金融機関へ申込みをしてしまうと、それだけ返済先が増えると捉えられ、
結果的に返済能力が低下すると判断されてしまうので、審査通過が遠のいてしまいます。

知っておいていただきたいのは、金融業者は信用機関を通して貴方が申込したことを即座に知ることになります。
よって複数の申込も分かってしまうので、注意してください。

1社だけの申し込みは不安になると思いますが、特に銀行系カードローンで借りたい場合は
複数会社への申込みは避けて1社に限定しましょう。

1社申し込みでおすすめの銀行カードローンはこちら

ただし、例外として、
今すぐにお金を借りたい場合のみ
銀行系よりも比較的審査が通りやすい消費者金融系のカードローンで借りることをおすすめします。

今すぐにお金を借りたい場合はこちら ← 最短1時間で融資可能!

1日で最大2社までなら、審査に通ったという人もいますので、とにかく審査を通して早くお金を借りたい場合は選択肢の1つとしておすすめします。
※特に急いでいない、銀行系カードローンが良い場合は、こちらはスルーしてください。

まとめると。。。。
@一定の収入があり
A年齢条件を満たしており
B他社からの借入が複数なく
C記入間違いをせずに
D限度額は控えめにして
E申し込みは1社だけにする

これらの条件をクリアすれば、銀行系カードローンの審査に通る可能性が格段にアップします!
金融業者は「返済能力の有無」を最も注意深く審査しているので、それらを意識しておきましょう。

おすすめの銀行カードローンはココ!

三井住友銀行カードローンの特徴
  • 最短即日融資可能!
  • 最短30分審査可能!
  • 300万円以下なら収入証明書不要!
  • 当口座が無くてもWEB申込可能!
  • おまとめ・借り換えもOK!
ご利用限度額 金利 来店 評価
契約極度額800万円 年4.0%〜14.5% 不要 評価5
三井住友銀行カードローンの総評

お申込時には三井住友銀行の口座が無くても、申込が可能!おまとめ・借り換えももちろんOK!
審査が最短30分で分かり、極度額300万円以内の申込なら収入証明書が不要なのが嬉しい!
当サイトにおいても人気で最も申込が多いカードローンです!

オリックス銀行カードローンの特徴
  • 最短即日審査可能!
  • 300万円以下なら収入証明書不要!
  • 申込・借入・返済が全てWEB完結可能!
  • おまとめローン・借りかえもOK!
ご利用限度額 金利 来店・保証人 評価
最高800万円 年3.0%〜17.8% 不要 評価5
オリックス銀行カードローンの総評

提携ATMでの利用の際は終日手数料無料で利用可能!※ATMは全国に95000台以上!
さらに全ての提携ATMで1000円単位の借り入れが可能なので、いつでも手軽に借り入れができます!

住信SBIネット銀行 MR.カードローンの特徴
  • 最短即日借入可能!※当口座をお持ちの場合
  • 最短60分仮審査可能!
  • 300万円以下なら収入証明書不要!
  • 借換え・おまとめもOK!
ご利用限度額 金利 来店・保証人 評価
最高1000万円 年1.89%〜7.99%

(プレミアムコース)
不要 評価5
住信SBIネット銀行 MR.カードローンの総評

所定の条件を満たした場合に限りますが、他行に比べ金利が最も低いのが魅力的!
基本的に使い道は原則自由なので、日々の生活費や急な出費において活用できます!

今すぐにお金を借りたいアナタにオススメのカードローンはこちら!

プロミスの特徴
  • 最短1時間融資可能!
  • はじめてなら30日間利息ゼロ!「※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。」
  • 50万円以下なら収入証明書不要!
  • 申込・借入・返済、全てWEB完結も対応可能!
ご利用限度額 金利 来店・保証人 評価
500万円まで 年4.5%〜17.8% 不要 評価5
プロミスの総評

今すぐにお金を借りたい人に人気のプロミスは、WEBの手続きから最短1時間融資が可能で、初めての場合30日間は利息ゼロ
土日祝の出金もOKなので、審査が不安でお金がすぐに必要な方は、プロミスがおすすめです!

銀行カードローンを利用するための審査基準

カードローンの業界において銀行カードローンはもっとも審査基準が厳しいとされています。しかし、銀行カードローンは低金利で高額融資が可能といった魅力的な融資条件に加えて、借入先が銀行になるのでもっとも安心して申込めるカードローンになります。金融業界には様々な業者がいますが、その中でも本当に信頼できる業者はひと握りになります。

そのため、どうせお金を借りるのであれば銀行がもっともオススメになるので、確実に融資を受けるためにも審査基準を知っておくことをオススメします。銀行カードローンは審査基準が厳しいと言われますが、実際にはアルバイトやパートであっても安定した収入さえあれば審査をパスできることがほとんどです。少額融資であればそれほど審査も厳しくなりません。過去に延滞や債務整理などの金融事故の記録さえなければ、特に申し込みを躊躇する必要はありませんので、銀行から借りたいと考えているのであればまずは申し込んでみることをオススメします。

銀行カードローンの審査に通らない人と通る人

一般的に銀行カードローンの審査は、やや厳しくおこなわれています。なぜなら銀行は、消費者金融と比べると低金利で高額の融資をおこなっており、その分審査を慎重におこなう必要があるからです。よほど信用できる人にでなければ、低い金利でたくさんのお金を貸すことはできないのです。つまり銀行カードローンの審査は社会的な信用の高い人でなければ通らないものであり、勤続年数が少なかったり収入が極端に少なかったりする人では、まず利用はできません。

逆に言えば、利用できるようになるためには社会的な信用を上げなければならないということです。会社などに勤め、月々安定した収入を得ることができるようになれば、銀行カードローンの審査にはすぐに通ることができます。そうすると少ない負担で大金を借り入れできるようになるばかりか、社会的な立場を確立したわけですから、人生のあらゆる面で有利になります。銀行カードローンの審査に通ることができる人は、銀行以外からも信用される人だとみなされやすいのです。

銀行カードローンの審査にかかる日数について

お金を借りるときは急いでいることが多いです。例えば急な出費などが発生して手持ちのお金が足りず、それを何とかしたいと思って借りる事がよくあります。しかし借入れには審査があるのですぐに貸し出してはもらえず、ある程度の時間がかかるのが普通です。そして銀行でカードローンを作って審査を受ける場合は、どのくらい時間がかかるのかが気になります。急いでいる時は早く作ってもらいたいですけど、基本的に銀行の審査には時間がかかることが多いです。

銀行カードローンの審査にかかる日数は短くて数日、長いと1週間から一月ほどかかります。何故こんなに時間がかかるのかというと、銀行は融資をする時に法律上優遇されています。例えば消費者金融の貸出は法的な制限が強くありますが、銀行にはほとんどなく自由な貸出が可能です。その分銀行は自主的に制限をする事になっているので、他の金融機関よりも審査が厳しくなっています。銀行系カードローンの申請はある程度時間がかるので、急いでいる時は他の金融機関を検討するのも手です。

銀行カードローンの審査期間について

短期間での結果開示を行い、すぐに融資できる体制をとりつつある金融業界において、銀行カードローンの審査に要する期間は短くなってきています。最短30分程度で審査完了とする銀行は、大手でも行われるようになりました。住宅や、車などの多額の融資をする場合は、必ず返済できなければならないので、銀行側のチェックも長期間かけて行うことが多いです。ですが、その他のカードローンなど、比較的借りる額の少ないローンに関してはほとんどの銀行で時間をかけずに審査結果を見ることができるようになっています。

しかし、例外もあります。上限いっぱいまで借りるということを前提に借りる場合は、審査に時間を要することもある為、一概に最短30分程度で審査結果を見ることができるというわけではありません。ですから、銀行カードローンも実際にお金を借りるまでの期間は、借りる金額により変わるということです。又、少なくカードローンで借りておいて、後から上限いっぱいまで借りようとしても追加で銀行のチェックが入る可能性もあります。ですから、自分の返済可能額をよく考えておくことが重要です。

カードローン審査の手順はどういった流れで行われるの?

カードローンの申し込みをすると審査が行われますが、初めての方はどのような流れや手順で行われるか分からないものです。そして、最初にどのようなものが必要になるか分かりません。それでは、審査はどのような手順で行われ、何が必要になるのでしょうか。

一般的な簡単な流れや手順は以下の通りです。(業者によって異なります)
  1. 身分証明書を用意する
  2. 公式サイトなどのWEBから申込をする(必要事項の入力や必要書類の提出)
  3. 審査開始 (最短30分で審査回答してもらえる金融会社もあります
  4. 審査の結果(メール・書面・電話など※在籍確認)
  5. 借り入れ開始!
このような手順が一般的です。 審査にかかる時間は様々ですが、最近は「30分で審査回答」が多くなっているので、即日融資も場合によっては可能です。
そのためには、当サイトの冒頭でも解説してる審査のポイントや内容をしっかり理解して、審査に望みましょう。

>> カードローン審査基準の内容と項目はこちら

申し込みに必要なもの

カードローンの申し込みにおいて何より必要なものは身分証明証です。運転免許証やパスポートであれば確実ですが、それらを持っていない方は健康保険証が使える場合もあります。健康保険証は顔写真がありませんので、使えないこともありますので必ず事前に確認をしましょう。
また、借り入れ額によっては収入証明書が必要になりますが、前年度の所得証明書や源泉徴収票、給料明細書などが収入証明書となります。自営業の方などは納税証明書や確定申告書を用意しましょう。しかし、借入額によっては収入証明書が不要の場合もあります。
カードローン会社はこれらの情報から個人信用情報を確認し、返済能力があるかどうかを判断しています。ここで返済能力が無いと判断されると、融資を受けることが出来ません。

オンライン申し込みも可能

こういった申し込みは一般的に無人契約機で行います。こちらは一般的に22時ごろまでオープンしていますので、会社帰りの方でも十分に利用が出来るでしょう。無人契約機では電話越しにオペレーターが対応を行いますので、顔を合わせる心配がありません。銀行系カードローンでもこういった無人契約機が用意されています。
また、中には無人契約機に入る姿を見られたくないと考える方もいることでしょう。そういった方はオンラインでの申し込みをおすすめします。インターネットであれば誰にも顔を合わせる心配がありません。もちろん24時間いつでも申し込みが可能ですので、仕事が不規則な方でも問題無いでしょう。身分証明証は携帯電話やデジタルカメラで撮影して送ることになります。

在籍確認の電話について

審査の流れとして必ず就業先への在籍確認の電話があります。これは利用者が申告した勤務先に本当に在籍しているかのチェックで、手順の中で行われるものです。
多くの方はキャッシングの利用を会社に知られたく無いものですが、個人名での電話ですので知られることはありません。在籍確認の電話はクレジットカードの申し込みでも行われるものですので、不審がられることも無いでしょう。

カードローン審査時に申込の回数や審査の回数は影響するのか?

カードローンの審査を受ける際に、過去に何度か審査を受けている場合、その回数が多いと新たなカードローンの審査に影響するかという問題について、、、結論から言うと「多少なりとも影響します。

特に過去に審査を受けて審査に落ちたことがある場合、審査落ちした回数が多いほど、新たなカードローンの審査時においては不利となります。

ただ、申込自体には回数制限はないので、何度も申込は出来るのですが、審査に落ちた場合は不利になりやすいので注意が必要です。
※審査落ちした後に再度審査を受ける場合は、同じ条件では審査が通らないので、落ちた原因を推測することは重要です。

よって、申込の回数制限が無いにせよ、審査落ちの回数が多くなると不利になるため、あらかじめ審査に落ちないような状態でカードローンの審査に申し込むことが望ましいでしょう。

当サイトにおいても、審査に通るためのポイントやコツをご紹介しておりますので、それらを参考にして、審査落ちしないようにポイントを意識してカードローン審査に臨みましょう。

>> カードローン審査に通りやすいポイントはこちら

カードローン審査が落ちる理由を知って審査の不安を解消しましょう!

これまでにカードローンの申し込みをして、審査に落ちてしまった方もいることでしょう。こういった話を耳にすると、これからカードローンを考えている方は審査が不安になってしまいます。一般的に審査に落ちる理由は分からないものですが、どういったことが問題で落ちるのでしょうか。
基本的には、こちらのページでも紹介している左の項目の6つのポイントのいずれかが満たされていない場合が、落ちる理由と考えられます。
審査が通る項目内容のポイント 審査が落ちる理由のポイント
@一定の収入があり
一定の収入が無い
A年齢条件を満たしており
19歳以下66歳以上
B他社からの借入が複数なく
複数社からの借入がある
C記入間違いをせずに
記入間違いがある
D限度額は控えめにして
限度額が大きい
E申し込みは1社だけにする
1度に2社以上に申し込む
いかがでしょうか?カードローンを申し込む前に、審査に落ちる理由をある程度把握しておけば、審査時の不安も解消されるので、これらのポイントを意識して左の項目になるように、カードローンの審査に申し込みをしましょう。

>> カードローンの審査が通る項目内容とポイントはこちら

また、6つのポイントではお伝えしていなかったのですが、稀に「スーパーホワイト」と判断されて、審査に落ちるケースもあります。それを説明しておきますね。
スーパーホワイトとは?
意外な事実だとは思いますが、実は30歳以上でこれまで一度もキャッシングをしたことが無く、なおかつクレジットカードも持ったことの無い方ですと審査に落ちることもあるのです。
こういった方はスーパーホワイトと呼ばれています。収入が安定していたとしても、スーパーホワイトに分類されることがあるのです。
一見すると問題無いように思えるスーパーホワイトですが、金融事故の偽装やなりすましを疑われるのです。そういった場合は、携帯電話を分割購入するなどして履歴を作ることで回避が出来ます。
ようは、しっかりとした返済能力があるかどうかを判断する基準になるので、そういった経験がある場合は問題ありません。(何かしらの分割払いの経験がある等)

限度額に問題がある場合

カードローンで審査を受けたにも関わらず審査に落ちてしまった方は、落ちる理由を考えなければなりません。
特に問題となるのは限度額です。現在の日本には総量規制というものがあり、年収の3分の1までしかキャッシングをすることが出来ません。そのため、他社からの借入額がすでに3分の1まで達していると、それ以上のキャッシングは出来なくなるのです。そのため、他社からの借入がある方は現在いくらまでキャッシングしているかチェックしましょう。
また、いくら総量規制に達していなかったとしても、ひとつのカードローン会社に高額のキャッシングを利用しようとすると通らないことがあります。

ブラックに載っていることも

カードローンとは毎月必ず返済をしなければなりませんが、少しでも延滞をしてしまうとブラックリストに載ってしまいます。そのため、過去3ヶ月以内に返済の延滞がある方は通らないことがあるのです。そもそも、こういった借り入れは利用前に無理の無い返済プランを立てることが大切です。また、ひとつのカードローン会社に落ちると、すぐに次のカードローン会社に申し込みをする方もいるでしょう。しかし、何度も申し込みをしていると、かえって落ちやすくなってしまうのです。申し込みをした情報も個人信用機関に記録されますので、注意してくださいね。